フィリピン旅行勧告

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報について

2020年6月16日現在

安全に関する情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が広がらないように、フィリピン政府観光省(DOT)は世界保健機関(WHO)と保健省(DOH)によって定められた安全プロトコルを確実に実施しております。また現在、海外からの入国者の症例や地域感染を予防する一時的な入国制限やさまざまな措置を行っています。

フィリピン政府観光省は、新型コロナウイルス感染症状況の管理の進展を踏まえ、フィリピン旅行について最新のガイドラインをお伝えいたします。
これらの一時的な旅行関連に対する指示とガイドラインは、国内での新型コロナウイルス感染症の拡散を防ぐことを目的としています。フィリピン政府観光省は、すべての旅行者の健康と安全の確保に取り組んでいます。

現在各地域の隔離装置は次のように分けられています。

強化されたコミュニティ隔離措置
Enhance Community Quarantine (ECQ)
修正を加えたコミュニティ隔離措置
Modified Enhanced Community Quarantine (MECQ)
一般的なコミュニティ隔離措置
General Community Quarantine (GCQ)
修正を加えた(緩和された)コミュニティ隔離措置
Modified General Community Quarantine (MGCQ)
ニューノーマル
  • 一般的なコミュニティ隔離措置General Community Quarantine (GCQ) にある地域
  • マニラ首都圏全域
  • カラバルソン地域(地域4A)のバタンガス州,カビテ州,ラグーナ州,ケソン州,リサール州,西ミンドロ州
  • 中部ルソン地域(地域3)のアウロラ州,バターン州,ブラカン州,タルラック州,オロンガポ市
  • カガヤンバレー地域(地域2)のカガヤン州、イサベラ州,キリノ州,ヌエバ・ビスカヤ州,サンティアゴ市
  • 中部ビサヤ地域(地域7)のボホール州,セブ州(セブ市は含まれていない),東ネグロス州,シキホール州,マンダウエ市,ラプラプ市
  • ダバオ市
  • ザンボアンガ市
  • 修正を加えたコミュニティ隔離措置Modified Enhanced Community Quarantine (MECQ)
  • タリサイ市
  • 強化されたコミュニティ隔離措置Enhance Community Quarantine (ECQ)
  • セブ市
  • 修正を加えた(緩和された)コミュニティ隔離措置Modified General Community Quarantine (MGCQ)
  • 上記以外の地域
認められる業種や活動
(以下、上記のGCQの「人」の欄に追加)
20歳以下60歳以上の方は自宅に滞在ですが、生活に必須のアイテム購入、または許可されている業種の通勤は可能。

(以下、上記のGCQの「移動」の欄に追加)
国内線の搭乗、州境をまたぐ国内移動等に際しては、原則として新型コロナウイルス感染症に関する健康診断書、移動証(トラベル・パス)等の携行が求められています。詳細については、ご利用になる航空会社関係の各地方政府等にご確認ください。

GCQにおいて営業可能な業種:
1. 金物店
2. 洋服・アクセサリーショップ
3. 床屋・美容院・スパ
4. レストラン(テイクアウトまたは宅配のみ)

特定のコミュニティ隔離措置のレベルに指定された地域であっても、市やバランガイの単位でより厳しい隔離措置が課される場合もあります。滞在されている地域の地方行政機関の発表にも十分に注意し、それぞれの地域の条例、指示等に従って、トラブルを避けるように努めてください。

フィリピン政府と観光産業の連携

国内に感染を広げないように、フィリピン政府は航空会社やホテルやリゾートやツアーオペレーターと連携し、予防措置のためのガイドラインを作成しました。

出入国者に対する空港での対応

すべての入国者や出国者に対して、インフルエンザや風邪に似る症状の有無を確認しています。症状のある方は隔離し、検疫、監視を行なっております。

COVID-19に対する予防措置に関して、すべてのサプライヤーの行動計画を要求しています。

Global Hazard Analysis and Critical Control Point(HACCP)標準に基づいた食事を生産しています。

飛行機の中での対応

毎日の掃除と消毒

ハブ/ターンアラウンドクリーニングクルー表面のタッチアップトイレ

メンテナンスプログラム内部再循環フィルター

7日間ごとのディープクリーニングと消毒

リクエストがあれば、完全消毒の実施

ホテルとリゾートでの対応

すべてのお客に対するサーマルスキャンの実地熱や風邪のような症状のある方は入館を断れ、最寄の病院を紹介

到着の2週間前に渡航した国や地域の確認

館内の消毒液の支給

適格な安全プロトコルの実施の確保のため、フィリピン政府観光省はフィリピン観光省認定の宿泊先をお勧めしています。

< 宿泊に関する条件 >
コミュニティ隔離措置が解除された地域における宿泊施設におけるガイドラインです。
  • キャッシュレスのお支払いをお勧めしています。
  • 健康申明書の提出の義務化。
  • 入館の際、体温のチェック、消毒マットのご協力をお願いします。
  • 社会的距離、フェイスマスク、手洗い/消毒のご協力をお願いします。
  • (安全措置のため)(コロナウイルス対策のため)のリマインダーカードの配布
  • ホテルの受付でフィリピン保健省の感染情報の提供
  • 1メートルを離れるためのフロアマーカー
  • ホテルスタッフのマスクや手袋の着用の義務化。ハウスキーピングのスタッフはマスクや手袋に加え、ゴーグルやフェイスシールドの着用(お水を使う場合)は義務化されています。
  • 1部屋二人までの宿泊の人数制限(小さいこどもを持っている家族はその限りではない)。
  • 衛生キットの提供。
  • ビュッフェやルームサービスは控えるようにお願いします。
  • 宴会の際、10名用のテーブルは5名までのご利用となります。
  • コロナウイルス対策用ための標識の配置。
観光安全プロトコルが実施されていることを確実に行われているを確認するために、フィリピン観光省認定宿泊施設に滞在することをお勧めしています。

皆様へのお願い

COVID-19が更に広げるのを防ぐため、皆様に次のをお願いしています

1. 頻繁に手を洗いましょう

2. 咳する時のエチケットを守りましょう

3. ハンカチやティッシュの持参しましょう

4. 咳やくしゃみの時、ハンカチ/ティッシュを使用して口と鼻を覆いましょう

5. 咳をする際、他人と距離を取りましょう

6. 公共の場で唾を吐かないようにしましょう

7. 使用済みのティッシュを適切に捨てましょう

8. くしゃみや咳をした後、手を洗ってください

9. アルコール/手指消毒剤を使用しましょう

10. 農場や保護されていない野生動物との接触を避けましょう

11. 食材によく火通して調理しましょう

12. 健康的なライフスタイルを維持しましょう

自分と回りの人々を感染から守るための方法を保健省のウェブサイト(www.doh.gov.ph)をご参照ください。

フェイクニュースを止めましょう

COVID-19の拡散よりも速いのは、ソーシャルメディアでの偽のニュース、偽情報、誤報の拡散です。
不要なパニックを引き起こさないように、COVID-19に関する未確認のニュースの共有をやめましょう。

虚偽報告の拡散は、共和国法10175または2012年のサイバー犯罪防止法のセクション6およびセクション4(c)4(オンラインLibel)に関連する改正刑法第154条に違反しています。
現在、フィリピン国家警察(PNP)は、偽のニュースを拡散している人に対して、すでにいくつかの訴訟を提起しています。

ウイルスの拡散を防ぐことは当然ながら、偽情報の拡散を防ぐのは重要です。事実を知りましょう。
COVID-19の公式アップデートについては、世界保健機関(www.who.int) および、保健省(www.doh.gov.ph)のウェブサイトをご参照ください。

本国サイトはこちら:https://philippines.travel/