ビコール

ビコール

Bicol

ルソン島南部にあるビコール半島とその周辺の島々からなるのがビコール地方です。ルソン島に繋がっており、北にはラモン湾、東にはフィリピン海、西にはシブヤン海とラガイ江に面しています。中心都市はナガ市とレガスピ市。面積は約18,000キロ平方メートル、フィリピン全体の面積の5.9%を占めています。

ビコール地方の郷土料理は、「ビコール・エクスプレス(豚肉と唐辛子のココナッツ煮込み)」や「ピナガット(バナナの葉っぱに巻いたエビと魚とタロイモのココナッツ煮込み)」「ピリナッツ」「海ブドウ」などがあり、食文化の面でも有名な地域です。甘口の料理が多いフィリピンでは珍しく、唐辛子を使った辛い料理が多くあります。各家庭の庭には唐辛子の畑があり、台風の時には家よりも先に唐辛子の畑を守るといわれるほど唐辛子が愛されています。ちなみに、唐辛子を使ったアイスクリームも名産として有名です。



観光スポットとしては、ジンベイザメとも泳げるダイバーのメッカである「ドンソール」とほぼ完ぺきな三角となっている「マヨン山」が有名です。「マヨン山」は富士山に似ているところから、戦前の日系移民に“ルソン富士”と呼ばれていました。

FOLLOW US

メルマガ登録
観光スポットやお得なツアーなどフィリピンの最新情報をお届けします。
" #もっと楽しいフィリピン " で投稿しよう!
CAMPAIGN & TIE-UP

キャンペーン・タイアップ情報