フィリピン料理

フィリピン料理

Filipino Food

フィリピン国民の主食は、日本と同じお米です。料理は島国のため、新鮮な魚介類を使ったものが多く、日本人に馴染みやすい料理が数多くあります。もちろん、肉類を使った料理も多く、とくにチキンは専門店があるほど、地元では人気が高いです。米は日本米に比べると水分が少なく、好き嫌いがあるかもしれません。
フィリピン料理で是非とも味わっていただきたいのは、新鮮なシーフード料理。ロブスターやカニ、 ラプラプ、バングス等々、フィリピンならではの味覚をお楽しみください。なお、フィリピン料理の場合、左手にフォーク、右手にスプーンを持って食事をするのが習慣になっています。フィリピンに来たら、ぜひ試してみてください。

シニガン Sinigang

日本のお味噌汁にあたる、フィリピンの伝統的なスープ。野菜とエビをベースに煮込み、タマリンドで味付けした酸味のあるもので、エビの他に、肉類や魚介も使います。

パンシット Pancit

フィリピン風焼きそば。フィリピンでは、イベントや特別な日に、大皿に盛って出されます。パンシット・ビホンは焼ビーフンのこと。具材には、チキンやエビ、野菜などをたくさん使い、味付けはパティス(魚醤)、カラマンシーを使います。

カレカレ Kare-kare

シチューに似たフィリピン料理。野菜やお肉などをピーナッツソースで煮込んで作ります。

アドボ Adobo

フィリピンの代表的な家庭料理。スペイン植民地時代に、フィリピン人がお酢を使って料理しているのをスペイン人が見て、酢につけるのという意味の「アドバール(adobar)」と呼んだのが名前の由来です。豚肉や鶏肉、牛肉をニンニクや酢、醤油、胡椒と一緒に煮込んで作ります。

メチャド Mechado

フィリピン風シチュー。マリネ液に醤油とカラマンシーの絞り汁を加えて作るのがフィリピン風です。

ルンピア Lumpia

フィリピン風の春巻き。中身はエビ、鶏肉、豚肉などにココナッツの実を混ぜたものが入っています。ルンピアには3種類あり、ひき肉や魚などと野菜を包んで揚げた「プリト」、野菜のソテーなどを生春巻きで巻いた「サリワ」、また具を巻かずにご飯などといただく「フバッド」があります。

レチョン Lechon

フィリピンのお祭りや結婚式などのイベント事には欠かせない豚の丸焼き。レモングラス、玉ねぎ、にんにくなど様々なハーブを詰めた豚をじっくりと焼き上げて作るフィリピン全土で食べられる郷土料理です。

ラプラプ Lapulapu

フィリビンを代表する魚。ハタ科の魚で「魚の王様」と呼ばれています。淡白な白身魚で上品な味わいが特徴です。フィリピンでは蒸したり、焼いたり、唐揚げにしたりと色々な料理法で食べられています。

キニラウまたはキラウィン Kinilaw or Kilawin

お酢でしめた刺身と野菜を和えたフィリピン風マリネ。刺身にする魚には、白身魚のタンギンギ(さわら)をはじめ、マグロやラプラプ、鯖がよく使われています。

バルート Balut

アヒルの受精卵をふ化寸前まで温めた後、茹でた珍味。青く着色してあり、市場のほかに街頭でも売られています。

ハロハロ Halo-Halo

フィリピンの代表的なデザート。ナタデココや数種類のゼリー、かき氷、練乳、フルーツ、アイスクリームなどを混ぜて食べます。なお、ハロハロとは「まぜこぜ」という意味があります。暑い日には最高のスイーツです。

サンミゲル・ビール San Miguel

アジアを代表する世界的に有名なフィリピンの国産ビールブランド。

 

フィリピンのフルーツ

南国のフィリピンでは、年間通して、さまざまなフルーツを楽しめます。新鮮なフルーツを使ったトロピカルドリンクは、喉の乾きを潤すのに最適です。

マンゴー Mango

フィリピンで最もポピュラーな果物。 2〜6月がベスト。

マンゴスチン Mangosteen

「果物の女王」といわれている高級なトロピカルフルーツで、ミンダナオ島が主な産地です。赤紫色の皮を割って食べます。ほどよい甘味と酸味が特徴です。

パパイヤ Papaya

消化酵素が豊富なため、ヘビーな食事の後のデザートとして最適です。

ランブタン Rambutan

一風変わった姿からは想像もつかないほど、ライチとよく似た上品な甘さが特徴です。柔らかいとげのある実を割って、中の実を食べることができます。ミンドロ島、パラワン島、ホロ、バシランが主な生産地です。

スターアップル Star apple

フィリピンでは、「カイミト(Kaimito)」と呼ばれる紫色や緑色のフルーツ。半分に切ると半分に切ると星のような模様があることから、この名前が付けられました。白い果肉がおいしく、ミルクのような味わいが特徴です。

ドリアン Durian

特有の異臭を持ち、一度食べたら忘れられない“果物の王者”。ミルキーな味わいが特徴です。産地はミンダナオ島以南で、7〜11月がシーズンです。

パイナップル Pineapple

フィリピンの輸出品のベスト10に入るトロピカルフルーツの代表格。フィリピンのパイナップルは、小ぶりで甘みが強いです。ミンダナオ島のデルモンテプランテーションが有名です。

ランソネス Lanzones

ライチのような果肉で、皮をむいて透明な果肉を食べることができます。シーズンは8〜11月。

カラマンシー Calamansi

フィリピンで非常に人気が高い柑橘類の一種で、「奇跡の果実」と呼ばれています。味、形とも日本の金柑に似ており、フィリピン料理には、レモン替りとして頻繁に使われています。カラマンシーを使ったジュースも人気です。

FOLLOW US

メルマガ登録
観光スポットやお得なツアーなどフィリピンの最新情報をお届けします。
" #もっと楽しいフィリピン " で投稿しよう!
CAMPAIGN & TIE-UP

キャンペーン・タイアップ情報