フィリピンはカカオの主要生産国として知られ、高級チョコレートやBean to barのファクトリーブランドなど、様々なブランドを展開し、国際的にも高い評価を得ています。
フィリピンでカカオ栽培がはじまったのはスペイン統治時代。温暖な気候と豊かな土壌を持つフィリピンは、カカオ栽培に適した環境が整っていたのです。

今回は、フィリピンのチョコレート情報をまとめてご紹介。フィリピン産のチョコレートで甘いバレンタインを過ごしてみるのはいかがでしょうか。

伝統的なフィリピンのチョコレートの楽しみ方

フィリピンの伝統的なチョコレートの味わい方と言えば、「シクワーテ(チョコレートドリンク)」と「チャンポラード」があります。「チャンポラード」とは「チョコレートのお粥」のことで、溶かしたチョコレートと餅米を煮込んだ伝統料理のひとつです。古くから朝ごはんの定番として親しまれていきました。
どちらも、カカオを潰してタブレット状に固めたタブレアが原材料で、フィリピンのスーパーなどでは様々なメーカーのタブレアが並んでいます。

チョコレートドリンクが美味しいと評判の人気カフェ


タブレアのチョコレートドリンクが楽しめる人気カフェがセブ島にある「タブレア・チョコレートカフェ」。Bean to barファクトリーブランドの「タブレア・チョコレート」が運営するカフェで、様々なチョコレートドリンクをはじめ、チョコレートケーキや焼き菓子、お土産品も並ぶ人気店です。スペシャリテは、チョコレートドリンクと餅米、マンゴーがセットになったデザートです。

ダバオにあるフィリピン初のチョコレート博物館


チョコレート文化が根付いているフィリピンですが、カカオの名産地・ダバオにはチョコレートについて学べる博物館「マラゴス・チョコレート・ミュージアム」があります。チョコレートとカカオの歴史や文化を学べるほか、世界でひとつのチョコレートを作る体験も実施しています。併設しているカカオ農園見学とチョコレートの試食、チョコレート作りをまとめて体験できるTree to barツアーも実施。チョコレート好きなら足を運んでみたいスポットです。

日本で買えるフィリピン発チョコレートブランド

Auro Chocolate(オーロ・チョコレート)


日本に2018年に上陸した、フィリピンを代表するチョコレートブランド「Auro Chocolate」。ダバオ産のオーガニックカカオを直接買い付け、選別から焙煎、テンパリング、成型、ラッピングまでの工程を自社で行うBean to Barのファクトリーです。昨年末に発表された「International Chocolate Awards 2020 Asia pacific」では、5つの商品が金賞に選ばれました。


アジアを代表する若きデザイナー、レスレイ・モボとのコラボによるバレンタイン限定商品「LESLY MOBO SPECIAL SET」は要チェック。現在、公式オンラインショップにて購入することができます。
http://aurochocolate.jp

Theo and Philo(テオアンドフィロ)


「Theo and Philo」はフィリピン初のBean to Barファクトリーブランドです。自分たちが求める豆の発酵、乾燥、香りの基準を満たした豆だけをダバオの農家から直接仕入れています。さらに、サトウキビやマンゴー、ココナッツ、コーヒーなどの材料も、フィリピン産にこだわり、良質な素材を厳選しています。美しいイラストのパッケージも定評で、ギフトとしても喜ばれること間違いなし。

おすすめの商品は、今年のバレンタインよりリリースとなった新商品「ダークチョコレート・マンゴー、チリ&カカオニブ」。香ばしいニブのザクザク食感と甘酸っぱいマンゴーの組み合わせに、ピリッとほのかな辛味がクセになるダークチョコレートです。現在、公式オンラインショップならびにセレクトショップ(オンライン含む)にて購入することができます。
http://theoandphilo.jp/