「微笑みの都市」と呼ばれるネグロス島最大の都市バコロドで毎年開催される、フィリピンで最も有名なフィエスタの一つ。“mass”は英語で「たくさんの」を意味し、“kara”はスペイン語で「顔」を意味します。砂糖産業の中心としても有名なバコロドで、1980 年に砂糖の価格が暴落し住民の生活が危機にさらされたとき、その困難を乗り切るために住民を奮い立たせようという目的から始まりました。その由来と名前の通り、笑顔のマスクがこのフィエスタ最大の特徴。期間中は、カラフルなマスクと衣装を身にまとったストリートダンスや楽器の演奏、それに屋台が立ち並び、世界中から多くの観光客が訪れます。彼らの熱のこもった踊りや演奏は、困難をもたくましく笑顔で乗り越えようとしたバコロドの人々の想いを私たちに伝えてくれているようです。

【ミニ情報】
バコロドは「Chicken Inasal(チキン・イナサル)」と呼ばれるチキンバーベキューで有名な都市。市内の至るところに屋台などが出ているので、滞在中にぜひ食べておくべし!
お土産には「Barquillos(バーキュリオス)」がおすすめ!小麦粉と卵、砂糖でできたシガールのようなお菓子で、バコロドの名物です。ただしサクサクしていて壊れやすいので、バッグで持ち帰る際には気をつけて!