セブ島西海岸にあり、セブ市内から車で約2時間半の場所に位置する、人気のダイビングエリア。マクタンの喧騒を嫌ったヨーロピアンたちが開拓したもので、沿岸はローカルな雰囲気がそのまま残されています。
イワシやその仲間、ミズンの超大群を通年見ることができ、沿岸は流れもゆるやかで水深も浅く、初心者ダイバーからも人気急上昇中。何百万と集合する様は圧巻。群れの後ろには回遊魚や時にはニタリなどの捕食魚も。
セブ島の中でもトップクラスの美しさを誇るモアルボアルの最大の特徴は、大物からマクロ生物までとにかく魚の種類が充実していて、生態行動を見ることができること。また、サンゴも見ることができます。

<見られるシーズン>
通年。ただし漁業で捕獲された場合、しばらく見れないこともあります。

<ダイビングスキルレベル>
誰でもOK。シュノーケリングでも見ようとすれば見ることもできます。

<ダイビングスケジュール>
スポットまで遠くても20分程度なので、1ダイブごとに戻ってきます。ペスカドール島遠征の際は連続2〜3本の日帰り。

<ダイビングサービス>
沿岸に多数点在していて、日本人経営店もあります。

<絶対潜りたいスポット>
イワシ大群が見れる「カバナフロント」、沖のペスカドール島も必潜。