フィリピンの国鳥「フィリピンワシ」の保護施設です。フィリピンワシは、羽を広げた大きさが全長2mもあり、世界最大級のワシとして知られています。

もともとはミンダナオ島に多く生息していましたが、森林伐採や狩猟により生息数が激変し、現在では絶滅危惧種として認定されています。

ダバオ郊外の熱帯雨林に位置する保護施設では、フィリピンワシの生態や保護活動について学ぶことがで来ます。フィリピンワシの他にふくろうなどの鳥類、さらにワニなども保護されていて、見学することができます。