1962年にダバオのアポ山麓に設立されたゴルフ場。ダバオ市内から車で約30分とアクセスがよく、フィリピンオープンなどメジャートーナメント会場としても知られる、全長7,000ヤードを超える本格的なコースが魅力です。

ゴールドコースには、人工の水路、池、運河などがあ、10番ホールは、フィリピン最高峰・標高3,114mのアポ山を臨む美しい景観が広がっています。

コース上にはココナッツやマホガニーなどの南国特有の樹木や、複数のサンドトラップが設計されています。キャディーの質の高さも定評です。