ミンダナオ島東部、東ダバオ州にある標高1,637mの山。絶滅危惧種を含む1300種以上の多様な動植物の生息地で、ハミギタン山にしか生息していない固有種が8種、さらに絶滅具種のフィリピンワシ、コカトゥーなどのフィリピン固有種も300種以上生息しています。

山岳内にはハミギタン山域野生生物保護区があり、2014年にUNESCOの世界遺産リストに登録されました。

拠点となる町マティまでは、ダバオ国際空港からバスで約3時間。そこからハミギタン山を目指します。ハミギタン山域野生生物保護区の入り口付近には、宿泊施設も集まっています。