レストランやミュージックバーなどが軒を連ねるマラテ地区にある老舗フィリピン料理レストラン。1984年の創業以来、地元の人々や旅行者で賑わう一軒です。

店内はスペイン統治時代を思わせるアンティーク家具やアートが設えられていて、まるでタイムスリップをしたかのような雰囲気を味わえます。フィリピンの歌謡曲を披露するトリオによるライブミュージックも人気の理由のひとつです。

メニューは、シニガン(フィリピンの代表的なスープ料理)やカレカレ(肉や魚をピーナッツソース煮込み)、アドボ(マリネした肉の煮込み)など、フィリピンの家庭料理をはじめ、シーフード料理が多いのも特徴です。

なお、マラテ以外にも、ショッピングモール「SMシティ・ノースEDSA」にも支店があります。