フィリピン最古で最小の3角形の要塞。1565年に建設が始まり、1738年に完成。完成までに約200年を要しました。1700年代にはイスラム教徒の海賊の見張り台として、 戦時には牢獄または捕虜収容所として使われました。一般開放されており、要塞内には博物館やお土産店があります。

サンペドロ要塞を含む一帯は「自由の広場」と呼ばれる公園で、市民の憩いの場所になっています。