レイテ島の南部をぐりっとえぐるようにできたソゴド湾にドンソールと同様、漁でジンベイザメがよく現れることから観光化が進み、ジンベエスイムで有名に。美しいドロップオフをはじめ、生命に満ちた雄大なサンゴ礁が特徴。地元の人に「TIKI-TIKI(ティキティキ)」と呼ばれるジンベエザメは、豊富なプランクトンを狙って年間を通して回遊しています。なかでも5月〜11月は、プランクトンが水面近くまで上昇し、ジンベエザメも合わせて浅瀬に出現することが多く、高確率でジンベエザメと一緒に泳ぐことができます。
「バーガスジェティ」周辺は多種多様の生物か潜んでいて、ナイトではミシマオコゼの捕食シーンが見もの。

<ダイビングスケジュール>
午前2本、午後1本が基本。ジンベエスイムはスキムダイビングで。

<ダイビングサービス>
10軒余りの宿泊施設併設のダイビングサービスがあります。日本人常駐店も。

<絶対潜りたいスポット>
ジンベエスイム以外では、ダイナミックで生物相の濃い「ナパンタオ」、マクロ生物豊富な「サンタパス」などが人気。