1521年、フィリピン最初のキリスト教徒となったフマボン王とファナ女王、臣下400人が洗礼を受けた場所にマジェランが建てた木製の十字架。奇跡を呼び、万病に効くと信じた人々が十字架を削りとるようになったため、十字架の全壊を防ぐ目的で、1834年には八角堂が造られ、十字架も外側部分は複製になりました。 八角堂の天井には、当時の洗礼儀式の様子を物語る絵画が一面に描かれています。 八角堂はマガリャネス通り(Magallanes St.) にあり、通りを隔てて南側にはシティ·ホール (Cebu City Hall)があります。