今から460年以上前、かのマゼラン一行によってキリスト教がもたらされたセブで希望と幸福への祈りの一環として始められた、フィリピンで最も有名なフィエスタの一つです。 Sto. Nino(幼きイエス)の像を抱えたダンサーたちが、軽快なドラムに合わせて「Pit Senor! Viva Sto. Nino!」(お力を、セニョール!サント・ニーニョ、万歳!)と叫びながら繰り広げるストリートダンスは圧巻。ダンサーの煌びやかな衣装やメイクアップにも注目です。

【ミニ情報】
Sinulogに参加したからには、マゼランが持ち込んだといわれる本物のSto. Nino 像も見ておきたいところ。フィリピン最古の教会の一つであるSto. Nino Church(サント・ニーニョ教会)にはその像がおさめられており、すくそばにあるSto. Nino Basilica Museum(サント・ニーニョ教会博物館)では教会の歴史を学ぶことができます。