パラワン島セント・ポール国立公園内にある地底川と洞窟が世界遺産。1999年に自然遺産に登録されました。潮の干満の影響によって造られた地底川は、全長8.2km、天井の高さ6.5m、水深は潮の干満によって変わり、最大で14mにもなります。コウモリ、大トカゲ、 珍種の蝶などが生息しており、ジャングル・トレッキングで探検を楽しむことができます。

また、「新世界七不思議財団」がインターネットを通じて投票を行った『新・世界七不思議 自然版(New7Wonders of Nature)』のひとつにも選ばれています。